いまの職場を辞めたい人に読んでほしい

職場を辞めてフリーランスになるなら専門のエージェントを活用しよう!

辞める前に読む!まずは落ち着いて読んでみよう!

いまの職場を辞めたい人に読んでほしい

フリーランス専門エージェントを活用しよう!

フリーランス専門エージェントを活用しよう!
LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

フリーランス専門エージェント

いまの職場を辞めたいけど、転職したってまた職場。それならいっそフリーランスになろうという人におすすめなのが、フリーランス専門エージェントです。案件を探したいフリーランスと、フリーランスを探したい企業をつなぐエージェントには、フリーランスにとってメリットがいっぱいです。エンジニアやデザイナーなど、クリエイティブ系フリーランス必見!フリーランス専門エージェントの魅力についてお伝えします。

案件探しに苦労しない

なんでも1人でやらなければならないフリーランスにとって、時間はとっても大事です。でも、やることは次から次へと手一杯なのに、あんまり収入は増えないなんてことも実際あります。その原因のひとつが営業です。営業しないと仕事にならないし、仕事をしているとロクに営業ができない、できたとしても1軒ずつ企業を回っていては、いつになったら仕事が取れるやらわからないような状況という負のスパイラル。フリーランスとしてやっていくには、ちょっとしたコネやツテがないと現実はけっこう厳しいものです。そこで登場したのがフリーランス専門エージェントです。フリーランスの手が欲しい企業は、フリーランスが営業で訪ねてくるのを待っていられないので、フリーランスが案件を探しに集まるエージェントに人材探しを依頼します。フリーランスにしてみれば、案件を探しにわざわざ出かけなくても、エージェントに依頼すれば選択肢がズラリと出そろうというわけです。普通なら個人を相手にしないような大企業の案件や、単価の高い案件なども、エージェント経由なら夢ではないのです。

エージェントを使えば稼げる

同じ仕事内容なら単価が高いほうがいいに決まってますよね。フリーランスが手軽に案件を受注できるしくみとしては、クラウドソーシングなんかも有名ですが、エージェントとどちらが稼げるかといえば断然エージェントのほうです。エージェントのサイトを見ると、よく「エンド直請け」という言葉を見かけますが、これは間に入る仲介業者がいないぶんフリーランスの取り分が多くなることを意味しています。クラウドソーシングはマッチングの場を提供されているだけで、案件探しから企業とのやりとりもすべて自分でやりますが、エージェントはフリーランスと企業の関係をしっかり取り持ってくれるので、同じ無料のサービスでしかも稼げるとなれば、エージェントを利用しない手はないですよね。

福利厚生サービスがある

フリーランスには、本来であれば福利厚生などありませんが、エージェントを利用しているフリーランスにはしっかりついてくる場合もあります。さまざまなサービスがお得になるのはもちろん、フリーランスならではのサービスも充実していますよ。